広告

富士通、クアッドコアプロセッサや「Android 4.0」搭載スマートフォンを「MWC 2012」で展示。カメラには13.1メガピクセルを採用

富士通

富士通が、クアッドコアプロセッサや最新OS「Android 4.0」を搭載したスマートフォンをスペインのバルセロナで2月27日から3月1日まで開催される展示会「Mobile World Congress 2012」で展示することを発表しました。

参考記事:富士通、クアッドコアCPU搭載Android 4.0スマートフォンを27日開幕の展示会「MWC 2012」で展示へ

 

この端末には、米NVIDIA製のモバイルプロセッサ「Tegra 3」が搭載されます。

「Tegra 3」は、1.5GHz駆動で、第5のコアとして低消費電力を実現する「コンパニオンコア」を備えています。

OSには、Android 4.0を、ディスプレイサイズは4.6インチ、カメラは13.1メガピクセル、防水・防塵性能、指紋センサーを備えるなどハイスペックスマートフォンとなっています。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の投稿

アーカイブ