広告

Adobe、Flashの今後1年間のロードマップを公開。HTML5時代に生き残れるのか?!

Flash Platform Logo

Adobeが、Flashのロードマップを公開しました。

参考記事:アドビが Flash のロードマップを公開、Linux 版は Chrome 専用に — Engadget Japanese

 

Flash Playerのロードマップは以下となっています。

  • 2012年Q1(つまり、まもなく):Flash Player 11.2。右クリックや中クリックのサポート、コンテキストメニューの無効化、Adobe AIR 経由 iOS / Android でのハードウェアアクセラレーション強化など。
  • 2011年Q2:Flash Player "Cyril"。フルスクリーン状態でのキーボード入力、低レイテンシ時のオーディオ改善など、主にゲーム向け機能強化。
  • 2011年後半:Flash Player "Dolores"。複数スレッドでのActionScript並列実行、ビデオカードサポートの拡大、iOS での ActionScript パフォーマンス改善など。
  • 2012年:Flash Player "Next"。次の5-10年を戦うための次世代 Flash。ランタイムコードのリファクタリング、ActionScript 言語のアップデートなど。

現在、Adobe AIRアプリをMac App Storeで公開することができますが、Appleが開発者にサンドボックス化を求めている為、今後公開することができなくなる可能性があるそうです。そのため、Adobeは、サンドボックス化にも対応する予定だということです。

Windowsについては、Microsoftと密接に連携を取り対応していくそうで、詳細は追ってということになるそうです。

Linuxは、「Google Chrome」の一部としてのみリリースされるということです。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の投稿

アーカイブ