広告

Macをターゲットにしたマルウェア「Flashback」に亜種「Flashback.G」が出現!古いバージョンのJAVAの脆弱性を利用して感染

Macをターゲットにしたマルウェア「Flashback」に新たな亜種「Flashback.G」が出現しました。

参考記事:Mac狙いのマルウェア「Flashback」に亜種出現、さらに巧妙な手口で感染広げる – ITmedia ニュース

 

「Flashback」は、2011年9月に発見され、その後、さまざまな高度な機能が付け加えられた亜種が出現しています。

最新版の「Flashback.G」は、さらに手口が巧妙化しており、3段階の手段を使って感染を試みるということです。

2種類のJAVAの脆弱性を利用して感染を図り、この脆弱性が解決されていない端末ではユーザーが何もしなくても感染するということです。この脆弱性は、最新版では修正されており、最新版がインストールされている環境では、「“Apple Inc.”の署名が入ったコンテンツがあなたのコンピュータにアクセスすることを望みますか」というメッセージが表示され、「Continue」ボタンを押すとマルウェアがインストールされるということです。

 

「VirusBarrier X6」などのセキュリティアプリがインストールされている場合は、「Flashback.G」には感染しないということです。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近の投稿

アーカイブ