広告

Apple、サムスンとの特許訴訟で「Android」のソースコードの開示を要求

米カリフォルニア州の法廷で行なわれているAppleとサムスンの特許訴訟で、Appleは証拠として「Android」のソースコードを開示するように訴えていると報じています。

参考記事:アップル、Androidのソースコード開示を要求 – 米での対サムスン訴訟で – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

 

Appleは、問題となるサムスンの端末には全て「Android OS」が搭載されていることや、特許侵害で争っている機能の多くが「Android」に基づくものであることを理由に「Android」のソースコード開示を求めています。

この件に関して、Googleとサムスンを担当するMatthew Warren弁護士は、以下のように指摘しており、Googleはこの訴訟に対して第三者であり、証拠の開示に関してサムスンと同等の法的権利はないと反論しています。

アップルがサムスンを相手取って訴訟を起こした際にあえてグーグルを同訴訟から切り離す戦略を採った点に触れながら、グーグルはこの訴訟において第三者であるため、証拠の開示手続きに関してアップルやサムスンと同等の法的権利はないとして反論。

また、ソースコードの開示でAppleが知り得ない情報が入手される可能性も指摘しています。

 

Androidのソースコードは「オープンソース」なので、誰でも入手できると思っていましたが、必ずしもそういうわけではないんですね。それとも法廷で争う場合は、それなりの手続きを踏む必要があるのでしょうか。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ