広告

「iPhone」のパスコードロックは「FBI」でも太刀打ちできない?!法執行機関からのロック解除依頼が殺到。「順番待ち名簿」まで作成される

警察などの機関から、Appleに対して押収した「iPhone」のパスコードロック解除の要請が殺到しているそうです。

参考記事:アップル、法執行機関から「iPhone」パスコードロック解除要請が殺到 – CNET Japan

 

Appleは、この大量の要求を処理するために「順番待ち名簿」を作成しているそうです。

クラックコカインを販売した罪に問われている人物が所有していた「iPhone 4S」には、ロックが掛けられており、捜査が難航することからATF(連邦捜査局(FBI)の一部門)の捜査官Rob Maynard氏はAppleに対してロック解除の依頼を行なったそうですが、順番待ちリストに追加され、少なくとも7週間は待たなければならないとAppleから返事がきたそうです。依頼から現時点で、少なくとも4ヶ月が経過しているそうですが、進捗状況については不明だそうです。

同捜査官は、Appleに依頼する前に「iPhone」のロックを解除できる科学捜査能力を持つ地方、州、または連邦政府の法執行機関を探したそうですが、そのような技術を持つ機関を見つけることはできなかったそうです。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ