広告

JR東日本、列車遅延などの情報共有のために7000台の「iPad mini」を導入

iPad mini

JR東日本は、乗務員を対象に7000台の「iPad mini」を導入することを発表しました。

参考記事:JR 東日本、乗務員を対象に iPad mini 7,000台導入 – インターネットコム

 

今回の導入では、列車の遅延などで乗務員の担当列車が変更になる場合などに、列車の時刻表などの情報を「iPad mini」で共有することで、ダイヤ回復にかかる時間を短縮を図るということです。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ