広告

Mozilla、「Firefox 22」のベータ版を公開。「WebRTC」や「Web Notifications」を搭載

Mozillaが、Webブラウザの次期バージョン「Firefox 22」のベータ版を公開しました。正式版のリリースは6月25日が予定されています。

参考記事:Firefox ベータ版で WebRTC のすべての機能をテストできます | Mozilla Japan ブログ

 

主な機能としては以下のものがあります。

  • WebRTC : Firefox ベータ版に WebRTC 対応のコンポーネントが搭載され、開発者は Web サイトかモバイル Web アプリのいずれかを問わず、Web 全体でのリアルタイムコミュニケーションを簡単に統合できるようになりました。DataChannels、PeerConnection、および GetUserMedia コンポーネントを使用して、Web 上でブラウザ間のビデオ通話やファイル共有といったリアルタイムコミュニケーション機能を利用できます。
  • OdinMonkey : 今回の Firefox ベータ版では OdinMonkey と呼んでいる JavaScript エンジンの asm.js 最適化モジュールが搭載され、開発者はプラグインの必要なくネイティブのスピードに匹敵するゲームパフォーマンスを実現できるようになります。これにより Web にも迫力満点で高速なゲーム体験がもたらされます。Mozilla は Epic Game と共に、Epic の Unreal Engine 3 を Web に移植し、ブラウザで Epic Citadel が動作することを実証して見せました。
  • Windows で高解像度ディスプレイをサポート: Firefox は、Windows ユーザ向けに高解像度 (HiDPI) ディスプレイ をサポートします。Firefox で Windows のディスプレイ解像度オプションを選択して、高解像度ディスプレイでテキストをより大きなサイズで表示できるようになりました。
  • Web Notifications API: 開発者は Web Notifications API を使用して、Web アプリ用のシンプルな通知を作成できるようになりました。この通知用 API を使用すると、Firefox ユーザに新着メールや Twitter の新着コメントなど、特定のイベントを通知できます。
  • フォントインスペクタ: フォントインスペクタによって、開発者は特定の Web ページに使用されているフォントを確認し、作成するページをそのデザインのタイプに合わせて調整できます。フォントインスペクタでは、編集可能な「Abc」というプレースホルダテキスト (ダミーテキスト) とそのフォント名、および @font-face CSS が表示されます。開発者はフォントインスペクタを使用して、特定要素に使用されているフォントを視覚化できます。フォントインスペクタは、新しい Web フォントを使用するページもサポートしています。

ベータ版のダウンロードは以下よりどうぞ。

この他の変更点については、リリースノートをご覧ください。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ