広告

Appleの新しい音楽配信サービス「iRadio」は交渉が難航していることから「WWDC 2013」での発表は間に合わない?!

iTunes Radio Round Icon

Appleは、「WWDC 2013」で新しい音楽配信サービス「iRadio」を発表するために、急ピッチで契約を進めていると伝えられていますが、その契約が思ったように進んでおらず、「WWDC 2013」での発表は難しいようです。

参考記事:Difficult Negotiations May Prevent ‘iRadio’ Launch at WWDC – Mac Rumors

 

Universal Music Groupなどのレコード会社は早くサービスが始まって欲しいと考えているようですが、Sony/ATVや業界4位のBMGが契約を拒否しているそうです。

先日、Googleが「Google I/O 2013」で発表した新しい音楽サービス「Google Play Music All Access」は、SpotifyやRdioといったサービスといったサービスと同様の方法での提供を選びましたが、Appleの「iRadio」はPandoraに似たハイブリッドWebとラジオサービスを統合したサービスとなっているため、ライセンス契約をゼロから行う必要があり、それも契約が進まない要因の1つだとしています。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ