広告

Appleの新音楽配信サービス「iRadio」は楽曲スキップ機能の扱いでソニーミュージックとの交渉が難航

iTunes Radio Round Icon

本日、Appleの新しい音楽配信サービス「iRadio」は、音楽レーベルとの交渉が難航していることから、「WWDC 2013」での発表は間に合わないと報じられましたが、どうやら世界第2位の音楽レーベルソニーミュージックとの楽曲スキップ機能の扱いで交渉がうまくいっていないようです。

参考記事:アップル「iRadio」、音楽レーベルとの交渉で問題が浮上か–楽曲スキップ機能の扱いで – CNET Japan

 

どの部分が問題になっているかというと、ユーザーが音楽の一部分を再生して、次の楽曲に進んだ場合にAppleがレーベルに支払う金額について折り合いがついていないそうです。

情報筋によると、「iRadio」は既に提供されいる音楽サービス「Pandora」とよく似たもので、楽曲の巻き戻し再生や一部を聞いた後に次の曲にスキップする機能など、ユーザーが追加のコントロールを使用できるようにする機能がいくつか搭載されているそうです。

この件について、ソニーミュージックはコメントを拒否しており、Appleの広報担当者からも直ちにコメントを得ることはできなかったそうです。

世界最大の音楽レーベルUniversal Musicとの交渉は既に完了しており、Warner Music Groupとも契約間近となっています。

Appleの音楽配信サービスは音楽業界全体にとって潜在的な利益になるとみられており、今回の問題で他レーベルはいらだちを募らせているとしています。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ