広告

Apple、米国議会より138億ドル(1兆4000億円)を脱税したとして訴えられる!ティム・クック氏は「納めるべき税金は1ドル残さずすべて納める」と主張

Appleは、海外に現金を隠し138億ドル(1兆4000億円)もの脱税を行なったとして、米国議会より訴えられているそうですが、AppleのCEOティム・クック氏は「われわれは納めるべき税金は1ドル残さずすべて納める」と宣言し、脱税を行なっていないと主張しました。また、議会の冒頭で納税を逃がれるために「小細工に頼ることはしていない」とも陳述しています。

参考記事:Apple CEOティム・クック:「納めるべき税金は1ドル残さず全て納める」 | TechCrunch Japan

 

議会には、Appleを支持する議員もおり、中でもクレア・マカスキル上院議員やランド・ポール上院議員は特にAppleを支持しているそうです。

ポール議員は同僚議員らを、株主の価値を最大に高めようとしている偉大な米国企業を中傷していると非難した。

マカスキル議員はポール議員が同僚を非難したことを諭しつつも、「私は。Appleを。愛している・・・夫がMacBookに変えるまで彼を責め続けた」と付け加えることを忘れなかった。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ