広告

米シスコ、2011年のMicrosoftによる「Skype」買収の承認撤回を主張!欧州委による「数点の明白な過失」があったと指摘

Skype

インターネット電話アプリの「Skype」は、2011年5月にMicrosoftより85億円で買収されていますが、米シスコは、買収により市場シェアが大きくなりすぎているとして、欧州委に買収承認撤回を求めているそうです。

参考記事:米シスコ、マイクロソフトによるスカイプ買収の承認撤回主張へ | テクノロジーニュース | Reuters

 

シスコによると、MicrosoftがSkypeを買収する過程で、欧州委は数点の明白な過失を犯したと指摘しているそうです。

Share on Facebook

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広告

Facebook

カレンダー

2013年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ