タグ ‘ iPhone

未来の「iPhone」のディスプレイに使われるかもしれない「サファイアガラス」ってなに?

あくまでも噂でしかありませんが、未来の「iPhone」のディスプレイには「サファイアガラス」が採用されるという情報があります。

ぼくもサファイアガラスがなんなのか知らなかったのでちょっと調べてみました。

 

Wikipediaの「サファイア」のページによると、工業的に生産された「単結晶コランダム」というものが「サファイアガラス」と呼ばれるもので、実際のガラスとは異なるものだとされています。また、工業的にということからもわかる通り、宝石の「サファイア」とは異なるものになります。なお、「サファイア」はコランダムと呼ばれる酸化アルミニウム(Al2O3)の結晶からなる鉱物で、コランダムのうち赤色でないものが「サファイア」と呼ばれています。(「サファイアガラス」は無色透明)

また、こちらのページを見ると、「サファイアガラス」は実験で確認されている天然物質で最も硬いとされる「ダイヤモンド」の次に硬いとされています。実験で確認されていると書いたのは、既に「ダイヤモンド」よりも硬い「ロンズデーライト」という物質が見つかっていて、その硬さはダイヤモンドの58%も硬いそうです。

 

このように、非常に硬い物質の「サファイアガラス」ですが、身近なものでは、時計の文字盤を覆っているガラス部分や、スマートフォンのカメラのレンズなどに採用されています。安物の時計では「サファイアガラス」が使われていないかもしれませんが、数万円ぐらいのものであれば「サファイアガラス」が使用されていると思います。

実際に時計を持っている人であれば分かると思いますが、ちょっとやそっとでは傷が付きません。

 

そんなに硬いのになぜ、スマートフォンのディスプレイに採用されていないかというと、製造コストが高くまだまだ値段が高いからです。少しずつコストが下がってきてはいるそうですが、まだまだ販売できるレベルには達していないのが現状のようです。

また、現在、スマートフォンのディスプレイで主に使われている「ゴリラガラス」の次期版「ゴリラガラス3」は、「サファイアガラス」の3倍の強度(硬度ではなく)があるという報告もあります。「ゴリラガラス3」は、強度だけでなく、重量も「サファイアガラス」の半分程度で、更に製造コストは99%も少なく済むそうです。こういった製品があることも「サファイアガラス」が採用されない理由の1つなのかもしれません。

Share on Facebook

「iOS 7」の新しいコンセプト動画を公開。パノラマ壁紙やクイック返信機能など多数の機能を搭載

iOS 7 コンセプト

「iOS 7」の新しいコンセプト動画がChristian Lue氏とRan Avni氏により公開されました。

参考記事:New iOS 7 concept features panoramic wallpaper, quick reply and more

 

この新しいコンセプトでは、Androidのようなパノラマ壁紙や、クイック返信機能、「Siri」、音楽アプリなど多数の機能が搭載されています。

Share on Facebook

Apple、「iPhone」の販売方法について欧州委より調査。キャリアに対する販売数ノルマについて?

欧州委員会は、Appleがライバルのスマートフォンメーカーを欧州市場から閉め出すために、反競争的な「iPhone」の販売手法や技術的制約を行なっているかについて調査を開始したそうです。

参考記事:欧州委、米アップルのiPhone販売手法めぐり調査=FT | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

 

複数の欧州キャリアに対して質問書が送られており、これを下にAppleに有利となる販売条件がないかを中心に調査しているそうです。

この調査は通信業者からの指摘を受けてもので、Appleはこの件についてEUの法律に沿った契約だとコメントしています。

 

Appleがキャリアに対して、携帯電話全体の○割以上の「iPhone」を販売することをノルマとしているという噂がありますが、この件についてでしょうか?

Share on Facebook

「iPhone 6」の新しいコンセプト動画を公開。2つのカメラで「3D画像」を撮影可能でカーブディスプレイを採用

iPhone 6 コンセプト

Ran Avni氏によると、「iPhone 6」の新しいコンセプト動画が公開されています。

参考記事:This iPhone 6 Concept Features A 3D Camera, New Design With Curved Display [VIDEO] | Redmond Pie

 

この新しいコンセプトでは、2つのカメラを使った3D画像の撮影機能や、中央がへこんだ4.8インチのカーブディスプレイが搭載されています。

iPhone 6 コンセプト

Share on Facebook

次期「iPhone 5S」には新たに「グリーン」「ゴールド」のカラーバリエーションが追加される?!

Appleの次期「iPhone」の「iPhone 5S」について、現在の2色のカラーバリエーションから1色増えて3色になるという情報がありましたが、グリーンやゴールドが追加されるという情報もあり、3色以上になる可能性があるとしています。

参考記事:廉価版iPhoneは、微妙にiPod touch (5th generation)とカラーバリエーションが異なる? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

 

また、以前からデュアルLEDフラッシュが搭載されると予想されていますが、iSightカメラとフラッシュとの間のマイクの形状が丸に変更されているそうです。

Share on Facebook

廉価版「iPhone」のカラーバリエーションは「iPod touch(第5世代)」とはちょっと違う?!ブラックモデルがなくなる可能性も

廉価版「iPhone」

信頼できる情報筋によると、廉価版「iPhone」のカラーバリエーションについて「ネイビー、ゴールド、オレンジ、ホワイト、グレー」という情報と「ホワイト、ピンク、グリーン、ブルー、イエローオレンジ」の2つの情報があるそうです。

参考記事:廉価版iPhoneは、微妙にiPod touch (5th generation)とカラーバリエーションが異なる? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

 

共通点としては、どちらにもブラックが入っていないということだけで、どちらが正しいのかは不明だそうです。

6月にはテスト用として1000台生産され、7月から9月にかけて大量生産が開始されるということです。

Share on Facebook

auの「2013年夏モデル」が4機種しかないのは「iPhone」の販売ノルマのせい?だとしたらドコモから「iPhone」は出なくていいかも・・・

au

5月20日にKDDIは、「2013年夏モデル」の発表を行いましたが、そこで発表されたスマートフォンは、わずかに4機種とかなり少ないものでした。

これに対して、NTTドコモは9機種(らくらくスマホを加えると10機種)とKDDIの倍以上のスマートフォンを発表しました。

世界中で「iPhone」を販売するキャリアには、販売する台数の半数近くを「iPhone」にするというノルマがAppleより課せられるといわれています。(あくまでも噂ですが)NTTドコモから「iPhone」が発売されないのは、このノルマが理由の1つだといわれています。

auもこのノルマを課せられているとみられますが、今回の夏モデルが4機種しかないのは、このノルマのせいかもしれません。KDDIの田中社長は、この4機種について「厳選した4機種」と語っており、これらのAndroidスマートフォンと「iPhone」で十分戦えるという判断をした可能性もあります。

なお、auと同様に「iPhone」を取り扱っているソフトバンクの夏モデルも6機種とNTTドコモよりも少なくなっています。

 

2007年に初代「iPhone」が発売され、その時は「なんだこのすごい携帯電話は!欲しい!NTTドコモから出たら絶対買う!」と思っていましたが、最近ではそこまで欲しいものでもなくなってしまいました。NTTドコモから「iPhone」が出るというのはすごくいいことだと思いますが、他のデバイスのバリエーションが減ってしまうのであれば、ぼくとしては販売されなくてもいいかなと思っています。

Share on Facebook

「iOS 7」では「Flickr」や「Vimeo」が「Facebook」「Twitter」同様にシステム統合されるかも?!

Flickr Vimeo

現在、「Facebook」や「Twitter」といったSNSが「iOS」のシステムレベルで統合されていますが、新たに「Flickr」や「Vimeo」といったサービスもシステムレベルでサポートされる可能性があると伝えています。

参考記事:Flickr, Vimeo integration likely to bolster social ties in iOS 7 | 9to5Mac

Share on Facebook

生活防水・防塵やワイヤレス充電を搭載した「iPhone 6」の新しいコンセプト動画を公開。1300万画素カメラも搭載

iPhone 6 コンセプト

デザイナーのUygar Kaya氏とRan Avni氏が作成した「iPhone 6」の新しいコンセプト動画が公開されました。

参考記事:Water-resistant iPhone 6 concept envisions wireless charging, notification LEDs and more

 

このコンセプトでは、生活防水・防塵やワイヤレス充電、1300万画素カメラ、通知用のLED、フルHDディスプレイ(1920×1080)、フロントステレオスピーカー、タッチ式のボリュームコントローラーなどが搭載されています。

また、ボディは極薄のアルミ製となっています。

Share on Facebook

KDDI、「iPhone 5」の「4G LTE」の人口カバー率が14%しかないのに96%と嘘の記載をしていた件で総務省より指導を受ける!社長を含む役員は報酬をカット

KDDIは、同社のカタログおよびWebサイトで「4G LTE(iPhone5含む)対応機種なら」「受信最大75Mbpsの超高速 ネットワークを実人口カバー率96%に急速拡大。(2013年3月末予定)」と記載していた件で、「iPhone 5」の場合は実際には14%しかなかったことで、総務省より適正な表示とより分かりやすい情報の提供を行うとともに、再発防止策を講じ、その実施の徹底を図るよう指導されたと発表しました。

また、この問題を受けて社長を含む役員の月例報酬のカットを発表しています。

Share on Facebook

広告

Facebook

カレンダー

2017年3月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

アーカイブ