タグ ‘ Mac mini

Appleのティム・クック氏が米国で生産される「Mac」について語る!コンポーネントの多くも米国内から供給!

Mac mini

昨年、AppleのCEOティム・クック氏が、米国で「Mac」の生産を開始すると発表しましたが、先日行われたNBCのインタビューで、組み立てだけではなく多くのコンポーネントについても米国内のサプライヤーから供給するを受けると発言しています。

参考記事:Tim Cook Shares Details About New ‘Made in USA’ Mac Model – Mac Rumors

 

この生産される「Mac」は、「Mac Mini」または「Mac Pro」になるのではないかと予想されています。

Share on Facebook

Appleが2013年にリリースする製品のロードマップ予想。「A7」プロセッサ搭載「iPhone 5S」、6色展開の廉価版「iPhone」、全モデルRetinaディスプレイの「MacBook Pro」など

Kuo 2013 Apple ロードマップ

KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、Appleが2013年にリリースする製品のロードマップ予想を公開しています。

参考記事:Apple’s 2013 Product Roadmap Predictions: Multiple iPhones, Retina iPad Mini, All-Retina MacBook Pros – Mac Rumors

 

iPhone

2013年6月~7月頃に「iPhone 5S」がリリースされ、「iPhone 5」の改良版がリリースされると予想されています。「iPhone 5S」は、現行の「iPhone 5」とよく似たデザインですが、「A7」プロセッサが搭載され、その他のチップもアップグレードされるそうです。指紋センサーの搭載や、カメラはF2.0やスマートLEDフラッシュが搭載されると予想されています。

廉価版「iPhone」は、「iPhone 5」を再パッケージされたもので、ボディにプラスチックを採用し、厚さは現在の7.6mmからわずかに厚い8.2mmになるそうです。また、カラーバリエーションは6色になると予想されています。

Kuo 2013年 iPhoneスペック

iPad、iPad mini

2013年第3四半期にRetinaディスプレイを搭載した「iPad mini」と、スリム化され軽量になった「iPad」がリリースされると予想されています。また、「iPad」については、「iPad mini」のような薄いベゼルが採用されるとしています。

MacBook Pro

現在は、Retinaディスプレイ非搭載モデルが発売されていますが、2013年にリリースされる「MacBook Pro」から非Retinaディスプレイモデルは廃止されるだろうとしています。また、現行のRetinaディスプレイモデルよりも安価になるとしています。デザインについては多少変更があると予想されています。

MacBook Air

「MacBook Air」にRetinaディスプレイを搭載するには、厚みに問題があることから2013年のラインナップにRetinaディスプレイモデルは登場しないと予想しています。

Intelの次世代プロセッサ「Haswell」が「MacBook Air」の主なアップデートになり、2013年第2四半期後半にリリースされると予想されます。

デスクトップ(iMac、Mac mini、Mac Pro)

再設計された「iMac」が好評ではありますが、Retinaディスプレイの搭載は2013年にはないだろうということです。

2013年第4四半期に、「iMac」と「Mac mini」がIntelの新プロセッサ「Haswell」に移行されると予想されています。なお、「Mac Pro」については言及されていません。

iPod touch

現在の最新モデルは第5世代ですが、第4世代の「iPod touch」も販売されいます。この第4世代の「iPod touch」は販売が終了し、その代わりに8GBストレージで背面カメラが搭載されない「iPod touch(第5世代)」が199ドルで販売されると予想されています。

Apple TV

2013年第1四半期にマイナーアップグレードされると予想されていますが、詳細については不明だそうです。また、発売が噂されているAppleの高解像度テレビ「iTV」については、テレビ製造の経験不足などにより2013年のリリースはなく、2014年になるだろうと予想されています。

Share on Facebook

Apple、「Mac mini」の生産拠点を米国のFoxconn工場に移動?!

Mac mini

サプライチェーンの情報筋によると、Appleは「Mac mini」の生産拠点を米国のFoxconn工場に移すようだと伝えています。

参考記事:Apple reportedly moving Mac mini production to US with Foxconn | 9to5Mac

 

生産が予定されるFoxconnでは、新しい自動化された生産ラインのために従業員の募集を2013年より開始する予定だそうです。

2013年の「Mac mini」の出荷台数は、2012年から30%増の180万台になるとみられています。

Share on Facebook

Apple、HDMIビデオのちらつき問題を修正した「Mac mini EFI Firmware Update 1.7」をリリース

Mac mini

Appleは、「Mac mini EFI Firmware Update 1.7」をリリースしました。

参考記事:Apple Releases Mac Mini EFI Firmware Update 1.7 to Fix Flickering on HDMI External Displays – Mac Rumors

 

このアップデートでは、「Mac mini (Late 2012)」でHDMIビデオがちらつく問題が修正されているそうです。

Share on Facebook

新しい「Mac mini(Late 2012)」で画面がちらつく不具合が発生中。「Intel HD Graphics 4000」が原因

Mac mini

MacRumorsのフォーラムAppleのサポートフォーラムで、新しい「Mac mini(Late 2012)」をHDMI経由で外部ディスプレイに接続すると、画面がちらつく不具合が発生していると報告されています。

参考記事:Intel Reports Fix Coming for Flickering on Monitors Connected to 2012 Mac Mini via HDMI – Mac Rumors

 

これは、Intelのグラフィックボード「Intel HD Graphics 4000」が原因で、Intelはこの件に関して問題があることを認識しているそうです。また、Intelはこの問題を修正中だとのことですが、修正版がリリースされる時期は不明だとのことです。

Share on Facebook

最新の「Mac mini」はWi-Fiアンテナがアップグレードされ最大450Mb/sのデータ転送をサポート

Mac mini

フランスのMacg.coによると、「Mac mini(Late 2012)」はWi-Fiアンテナがアップグレードされ、最大転送速度450Mb/sをサポートしていると伝えています。

参考記事:2012 Mac Mini found to support 450 Mb/s Wi-Fi | 9to5Mac

 

「iMac」と「MacBook Pro」は、2011年モデルから最大転送速度450Mb/sをサポートしているそうです。

Macgpic 1353451561 watermarked optim

Share on Facebook

Apple、「Mac mini(Late 2012)」「MacBook Pro Retinaディスプレイ 13インチモデル」「iMac(Late 2012)」向けの「OS X 10.8.2」の提供を中止。アップデート時にエラーが発生

Mac mini

Appleは、「Mac mini(Late 2012)」への「OS X 10.8.2」の提供を中止していると伝えています。

参考記事:2012 Mac Mini users are unable to update to OS X 10.8.2, after update was pulled by Apple on Friday | 9to5Mac

 

「Mac mini(Late 2012)」のユーザーからは「OS X 10.8.2」へアップデートしようとすると、エラーになりインストールできないという報告がされています。

この他にも13インチ「MacBook Pro Retinaディスプレイ」や「iMac(Late 2012)」向けの「OS X 10.8.2」の配布も中止されているようです。

Share on Facebook

Appleの新「iMac」と新「Mac mini」に搭載される「Fusion Drive」を古いMacで実現することに成功

Fusion Drive

Appleが、先日発表した新しい「iMac」と「Mac mini」に搭載される「Fusion Drive」という機能を、Mac開発者のPatrick Stein氏が古いMacでも実現させたそうです。

参考記事:Apple’s New Fusion Drive Works on Older Macs – Mac Rumors

 

「Fusion Drive」は、SSDとHDDを一つのドライブに見せかけ、SSDにMacのコアファイルやよく使うファイルなどを置くことで、ディスクアクセスが高速になり、実行速度を高速化させることができる仕組みです。

Patrick Stein氏は、SATA接続の120GBのSSDと、USB接続の750GBのHDDを自身が所有する「Mac Pro」上でコマンドラインツールを使って2つのドライブ1つの論理ドライブとして構築し、「Fusion Drive」の作成に成功したそうです。

Patrick Stein氏によると、SSDの容量がいっぱいになると、最初に書き込んだデータが自動的にHDDに移動されたとし、2つのドライブ間で自動的にファイルの移動が行なわれているとしています。

「Fusion Drive」の作成に成功したのは、デフォルトのファイルシステム「HFS+」だけでなく、「ZFS」でも実現できたそうです。また、使用されたOSは、「OS X 10.8.2」となっています。

Share on Facebook

「Mac mini(Late 2012)」の分解レポートと「Geekbench」のスコアを公開

Mac mini(Late 2012)

Mac Mini Vaultが、昨日発表された「Mac mini(Late 2012)」の分解レポートを公開しています。

参考記事:New Mac minis get first tear down and Geekbench scores | 9to5Mac

 

前モデルからそれ程大きな変化はなく、ファンの形状などが変更されているようです。ハードディスクは日立製が搭載されています。

また、「Geekbench」によるスコアも公開されていて、「Mac mini(Late 2012)」のスコアは7433だったそうです。ちなみに前モデルの「Mac mini(Late 2011)」は6583です。

Mac mini(Late 2012)

Share on Facebook

Apple、新しい「Mac mini」の販売を開始

Mac mini

Appleが、本日発表された新しい「Mac mini」の販売を開始しています。

  • 2.5GHz Core i5/500GBモデル:52,800円
  • 2.3GHz Core i7/1TBモデル:68,800円
  • Serverモデル:88,800円

現在、全モデル「在庫有り」となっています。

Share on Facebook

広告

Facebook

カレンダー

2017年2月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の投稿

アーカイブ